アクアリウム初心者が買って後悔しない水槽はこれだ!

For aquarium beginners
namazu
namazu

こんにちは!namazuです!

今回は初心者の方がまず初めに

悩むであろう水槽選びについて

語ってみたいと思います。

初心者にオススメの水槽ってなんだろう?

このページに辿り着かれたそこのアナタ!

「アクアリウム始めたいけど、購入する水槽サイズ悩む~」
「最初は小さい水槽から始めるのがいいんだよね?」

などなど…。

アクアリウムを始めたものの

色々なことに対して疑問ばっかりで、

正直、全然分からないことだらけですよね!?

私自身もアクアリウムを始めた当初は

皆さんと同じく、最初は何もかもわからない状態で、

正直、途方に暮れていました。

でも大丈夫です!!最初は誰しも初心者です。

これから少しずつ学んでいけばいいんです!!

というわけで今回は、

水槽の選び方についてアクアリウム初心者でも

分かるようにお話していきたいと思います!

水槽の選び方について

では早速水槽の選び方について

お話していこうと思います。

出来る限り誰でも分かるように説明しますので、

ゆっくりついてきてくださいね~!

結論:初心者は出来る限り水量が多い水槽を選べ!

「初心者だから小さい水槽を選んだほうが手間かからないよね?」

と思っていらっしゃる方は

たくさんいらっしゃるのではないでしょうか!?

実はこれ、辞めておいたほうがいいです。

「何で?」って疑問に思われた方も多いと思いますので、

その理由について説明していきたいと思います!

小型水槽は水質の変化が大きい!

小型水槽ってどのサイズからが小型水槽なの?

って思われる方が多いと思いますので、

この記事では

小型水槽=45cm規格水槽(幅45cm奥行24cm高さ30cm)(水量:32.5L)より
水量が少ないもの

と定義させていただきますね。

小型水槽っていうぐらいですから、

当然、水槽の水量が少ないですよね?

水量が少ないと、こんなデメリットがあります。

生体からの排泄物による
水質悪化の影響が大きい

これは、人間でも同じように

考えることが出来ると思います。

人間の場合で考えてみましょう!

例えば、

排泄物=ゴミ水換え=ゴミ捨て

で考えてみましょう。

人間が部屋の中で生活をしていくと、

どうしてもゴミが増えていきますよね?

そしてそのゴミがどんどん部屋の中に

蓄積されていくわけですから、ゴミ捨てをしないと

ゴミはすぐ部屋の中に溜まっていきます。

そうすると、腐敗臭が部屋中に漂ったり

変なカビが生えたり害虫が発生したり…。

部屋の中で生活をする人間にとって

悪いことばかり起きてしまいます。

ということは、すぐにゴミを捨てなければ

どんどん部屋が汚くなりますよね?

しかも、その住んでいる部屋が
極端に狭かったらどうでしょうか?

ゴミ捨てを頻繁に行わないと、

とてもじゃないですが住めたものではありませんよね。

このため部屋が狭いとどうしても頻繁に

ゴミを捨てなければならなくなります。

ですが、部屋が何倍以上も
大きければどうでしょう?

同じペースでゴミが増えていったとしても、

部屋自体が大きければ極端な話ですが、

ゴミ専用部屋を作ってある程度快適に

生活することが出来ますし、

仮にゴミと同じ空間で暮らすことになったとしても、

部屋が体育館や東京ドームぐらい広くて、

何十メートル以上もゴミから離れていれば、

臭いが漂ってきたり、人間に悪影響を

及ぼすこともほとんどないのではないかと思います。

要するに、大きければ大きい空間ほど

人間への影響が少ないってことですね。

大きい空間であればあるほど、
生体への悪影響が少なくなる

でも、大型水槽は初心者には荷が重い

ここまでの話を聞いた方で、

 「じゃあ出来る限り大きい水槽を買えばいいの?」

と思った方が多いと思いますが、

個人的には初心者に大型水槽はオススメ出来ません。

オススメしない理由1:コストがかかる

60cm規格水槽や120cm規格水槽など、

いわゆる大型水槽になると

コストがかなりかかってきます。

イニシャルコスト・ランニングコストがかなりかかる

大型水槽となると、どうしても

イニシャルコスト・ランニングコスト

どちらもかなり負担になってきます。

小型水槽でも大型水槽でも

基本的に同種のコストが必要となるのですが、

大型水槽になると、その金額がかなり変わってきます。

初心者でいきなり高額の物に

手を出すのはかなり抵抗があると思いますし、

それに加えてランニングコストも

かかってくるとなると初心者には

かなり辛いと思います。

オススメしない理由2:メンテンスが大変

また、メンテナンスもかなり大変です。

水槽が大きくなればなるほど、

メンテナンスに必要な時間が多くなってきます。

水換え、コケ掃除がかなり大変

水槽の水量が増えると生体への

悪影響が少ないと先ほどお伝えしましたよね。

つまりどういうことかと言うと、

飼育水の換水頻度が下がるということです。

ですが、いくら飼育水の換水頻度が下がるとはいえ、

大型水槽が一度の水換えで使用する水量はかなりの水量です。

例えば、60cm規格水槽を全水量の

1/3だけ水換えするとしましょう。

1/3だけ水換えをするとしても、

一度の水換えで約20L程度が必要になります。

初心者のうちは水換えだけでも

一苦労だと思います。

それに加えて、ガラス面の苔取り掃除などの

メンテナンス作業も加わってきますので、

初心者にとっては非常に大変な作業になります。

・水換え、コケ掃除などのメンテナンスは水槽が大きくなればなるほど大変になる

初心者にオススメの水槽は30cmキューブ水槽

「結局、初心者にはどの水槽がオススメなの?」

と思われた方が多いと思いますので、

結論から言ってしまいますが、

初心者には30cmキューブ水槽がオススメです!

30cmキューブ水槽とは、

幅、奥行、高さのそれぞれの長さが

全て30cmの水槽のことです!

初心者に30cmキューブ水槽をオススメする理由

オススメする理由は主にこの3つです!

オススメする理由

・最低限のレイアウトが

 出来るサイズ感
・初心者でも管理が出来る

 サイズ感

・小さすぎず大きすぎず、

 インテリアとしても
 ちょうどいいサイズ

最低限のレイアウトが出来るサイズ感

私の場合、初めて購入したのは

30cmスリム水槽だったのですが、

(幅30cm、奥行16cm、高さ24cmの水槽です)

レイアウトには絶望的に向いていませんでした。

なので、レイアウトを楽しみたい!と考えている方は、

空間に余裕がある水槽を選ぶ事を絶対オススメします!

30cmキューブ水槽は、

何とかレイアウト出来るぐらいのサイズ感です!

「レイアウトをガッツリやりたい!」

という方は45cm規格水槽や

60cm規格水槽の購入をオススメします。

・レイアウトが最低限出来るぐらいのサイズ感
初心者でも管理出来る程度の水量、大きさ

初心者だったnamazuでも、

十分管理が行き届くぐらいのサイズ感でした。

これ以上水槽サイズが大きいと、

メンテナンスが大変だろうなという印象です!

水量の1/3程度の水換えも一回約9L程度で済むので、

おおよそバケツ一杯分ぐらいの水量で済むのも

嬉しいポイントです!

・初心者に管理のしやすいサイズ感

小さすぎず大きすぎずインテリアとしてもちょうどいい大きさ

60cm水槽などの大型水槽になると、

どうしても存在感が大きくなりがちです。

また、水量も多くなり

重量もかなり重たくなるので、

設置や移動の際にはとても

苦労することになると思います。

しかし、30cmキューブ水槽であれば

大きすぎず小さすぎずの程よいサイズ感なので、

置き場所や設置や移動の際に

そこまで困ることはありませんし、

何より、インテリアとしてもお部屋を

華やかにしてくれること間違いなしです!

・インテリアとしても映えるサイズ感

まとめ

いかがでしたでしょうか!?

アクアリウム初心者の方で

水槽選びに迷っていらっしゃる方は

30cmキューブ水槽から

挑戦されることをオススメします!

レイアウトも楽しめて、インテリア的にも

オシャレだと思いますので、

是非とも検討してみて下さい!

きっと楽しいアクアリウム生活が

待っていると思いますよ!

ご質問などありましたら、

お気軽にコメント下さい!

コメント